So-net無料ブログ作成

モテるにあたっての鉄の心構え [導入]

さて、これから兄さんは俺の通ってきた道を

そっくりそのまま通ることで

デート代に困るほどモテるようになっていくわけだが

この部分は滅茶苦茶重要だから

しっかりと心に留めておいてくれ。



ホントに、マジで。



別れ.jpg


いきなり結論から言うが、


どんなに特定の誰かを好きになっても

絶対に入り込みすぎたらだめだ。



深追い禁止、深入り禁止!!


常にクールでいること!!





これは深追いすると嫌われるとか

そういうことじゃなくて(それも事実だが)



あまりのめり込みすぎると

振られたとき、嫌われたとき、別れる時、

他の人間に寝取られたときなんかの

心のダメージが半端ないことになる。




もしかしたらこれを見てくれている兄さんには

好きな人がいて、その人を振り向かせるために

このブログを見てくれてるのかもしれない。



あるいはどうしても恋人がほしくて

このブログを見てくれてるのかもしれない



深呼吸して、一発抜いてから考え直そう。

女性の場合はケーキとか食って落ち着いてくれ。




確かに一度夢中になったらその絶頂感、

湧き上がる思いは相当なもんだよ。

胸が張り裂けるとはまさにこのことさ。




でも断言してもいいがこれは風邪と同じだ。

時間がたてば、次を見つければ気持ちの整理なんてものは

結構あっさりついてしまう。




あんまり気持ちが燃え上がり、深く根付いてしまっていると

その分反動も凄い。

俺の友人は手首を切った。太い血管まではいかなかったから

大事にならずに済んだが・・・




まあ、流石にここまではレアなケースだが、

失恋のショックの破壊力は相当なもので

ありとあらゆる魅力を激減させるし、

冷静な判断もできなくなる。





失敗.jpg


これは俺の経験だが、美大生の女の子と失恋した際

かなり落ち込んでしまった。 今思うと何とも情けない。



俺はさっさと忘れて次に行こうと別の女の子に

アプローチをかけた。 かなり親しかったから

まず間違いなく成功すると思っていた。

普段の俺ならば。




ところが傷を埋めようと焦りに焦っていた俺は

醜態をさらし放題。 彼女の顔から笑顔が消えていく・・・



あきらかにまずい橋を渡っているのに全く気付かず

果敢に攻め立てた俺が現実に帰ってこれたのは

俺の醜態が共通の知人の間で話題になり

すっかり嫌われ者になった後だった。




俺の体験談の中でも最高レベルの失敗である。



しかし結構ありがちな話なので

そのうち詳しく記事にしようとおもう。

自分の戒めのためにも・・・!!









これは相手と遊びのつもりで付き合え

と言っているわけではない。(遊びのつもりでもいいが)



どんなに真剣に交際したとしても、

常に失恋のショックへの覚悟をしておけ

ということだ。



余裕のなさは人を実に醜く見せる。

そして余裕のない人間は決してモテることはない。






極論を言ってしまえば付き合うことに

固執する理由もないんだな。



結婚を前提にするなら話は別だが

「付き合っていないとできないこと」

などいうものは存在しない。



むしろある程度モテるようになってくると

「付き合う」という行為が足かせになって仕方がない。

罪悪感も生まれるし、二股や三股をかけることになってしまう。

これでは思い切り楽しめん・・・!




と、ここまでとは言わないが、

ミスっても次がある。さっさと次を探しに行こう。

位の心構えがベストだろう。



思いきり恋愛を楽しむためにも、

より数多くモテるためにも

決して深入りせず、あとを濁さない

大人のマインドで取り掛かってほしい。



自分も傷つくし、相手も傷つける。

そんな嫌な恋愛はしたくないだろう??




スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 1

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。